弁護士諸々の費用

交通事故に遭ったとき、弁護士に支払いをしなければならない大きなお金として、着手金と報酬金(成功報酬金)があります。

報酬金(成功報酬金)とは、事件が解決すれば、解決した内容に対してかかるお金のことです。一般的には弁護士がより貢献してくれれば、高いお金を支払いすることになります。

弁護士に支払いしなければならないお金はそれだけではありません。更に弁護士に対して、日当の支払いがあります。日当とは、弁護士が遠方に出張するなどして交通費とは別にかかる諸々の費用のことを言います。

実費は、厳密に言えば弁護士費用に含まれるものではありませんが実費も費用のひとつと考えことが出来ます。それは実際に支払いの必要がある費用のことをいい、印紙を購入する印紙代や交通費、通信費用などがここには含まれて来ます。これらの費用は、弁護士報酬とは別と考えてください。

それは別途に支払いをしなければならないものです。兎に角、弁護士は法律のプロフェッショナルであり、とても頼もしい存在であるものの、弁護士に対してお金がかかるというのも事実です。弁護士に依頼をしたとき、相場は実際にどの程度かもとても気になる問題です。

ズバリ弁護士費用というものは、自由に決めることが出来るものです。